【韓国観光】明洞に行ったら必ず食べておきたい屋台・B級グルメ『明洞屋台』がおすすめ

こんにちは。@コマロンです。

韓国旅行にて

韓国で人気の観光スポット、明洞(ミョンドン)。

地元の若者や観光客で常に賑わう韓国・ソウルの繁華街です。

ショッピングやエステ、グルメなど、あらゆるお店がこのエリアに集結していて観光を満喫できるほど♪

たくさんの人が集まる明洞(ミョンドン)には屋台のグルメも豊富なんです!!!!

トッポッキや韓国式おでんなどの定番おやつからちょっぴり変わった新しいメニューまで種類豊富に並びます。

そんなB級グルメ屋台にスポットを当てて食べまわるのも楽しいですよ。

ということで、『明洞屋台』に行ってきたので、その紹介と感想をまとめます。

アクセス

地下鉄4号線明洞駅の6番出口をおりてすぐの明洞メインストリートと言われる場所。

明洞地下ショッピングセンター16番・18番出口をおりて明洞聖堂(ミョンドンソンダン)へ続く通りが、屋台が集まる主な場所です。

屋台の営業時間

明洞のメインストリートに屋台が現れるのは、シーズンを問わず平日16時、週末ですと14時頃。

屋台は夕方5時頃から一斉に並び始め、5時半ごろから本格的に屋台がスタートします。

午前中は閑散としているので、勢ぞろいした屋台を楽しみたいなら、平日・週末ともに18時頃に向かうのがベストです!

食べ物だけでなくアクセサリーや衣類、カバンなどの屋台もありますよー♪

また、多くの店舗は夜の22時頃まで営業しています。

支払い方法

屋台は基本的に現金払いのみとなります。

クレジットカードを使える屋台はごく一部です。

お財布に余裕を持って行きましょう!

屋台で朝食は食べられるのか?

明洞の屋台は主に夕方がメインタイムですが。。

朝の時間帯にも営業する屋台も少しですが存在します!

ずらりと並ぶ屋台通りを見ることはできませんが、朝食を明洞の屋台で食べることも可能です。

屋台は他のエリアにもあります

屋台は明洞(ミョンドン)だけではありません。

南大門市場や東大門市場にもあります。

韓国料理だけでなくど屋台グルメを堪能したい方、ぜひ。

【感想・レビュー】明洞屋台

シュリンプキング(SHRIMP KING)

シュリンプを串に通して焼いたもの。

マヨネーズをお好みでかけて頂くそう!

白いとうもろこし

もちもちした食感で、甘みはそんなにないそう。

大きさは日本にあるものと同じです。

おすすめは焼きとうもろこしみたいです!

韓国風ホットドッグ

ホットドッグも種類がたくさんあって選んで食べる楽しみがありますね!

日本で大人気のチーズハットクやトッポキを巻いたものもありました。

韓国式おでん

寒い季節に屋台でよく見られる、韓国式おでん。

韓国のおでんは練り物中心の具材なんです。

日本では定番のゆで卵やジャガイモ、こんにゃく、牛すじ串、大根、豆腐などは入っていないのが特徴です。

韓国人にとっておでんは、とても身近な食べ物で「おでん」と言えば通じます。

「ケランパン」と「タッカンジョン」

左手にあるのが「ケランパン」。

疲れた時の甘いもの補給に最高のスイーツ!

右手にあるのが「タッカンジョン」。

ローカルで愛されるソウルフード。

揚げた鶏肉に韓国風の甘辛いソースを絡めたもの。

やみつきになる味付けでいくらでもいける!

フルーツキャンディ

日本でいうりんご飴やあんず飴などを販売している屋台が多くありますが、韓国では「フルーツキャンディ」と呼ばれるそう。

いちご大きいし飴はパリパリでおいしい♪


韓国屋台では、一部のお店では日本語メニューもあるところもありますが、やはり韓国語がほとんど。

しかし、英語や韓国語が喋れなくても安心です!

食べ物が目の前に並んでいるので、指差し注文で伝わります。

みなさんも韓国旅行でいらした際は、明洞の観光と一緒にB級グルメ屋台の味、是非楽しんでみてくださいね♪

また伺います。

人気ブログランキング参加中!良かったらポチってください♪

日本全国食べ歩きランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

固定店舗の食べ歩きグルメもおすすめ!


アクセスMAP

RELATED