【京都・祇園四条ランチ】駅すぐの食べログ高評価のフレンチのお店『山地陽介 (Yosuke YAMAJI)』がおすすめ

こんにちは。@コマロンです。

京都出張にて、ランチに利用。

グルメ通のなかでも話題騒然!!

京都の町家のカジュアルフレンチの名店です

食べログ!高評価ってことで1ヶ月前から予約しました。

ということで、京都府は京都市東山区祇園町にある『山地陽介 (Yosuke YAMAJI)』さんに行ってきたので、その紹介と感想をまとめます。

フルネームのインパクトある店名

祇園四条駅より歩くこと5分ほど。

花見小路近くに『山地陽介 (Yosuke YAMAJI)』さんはあります。

外観です。

京町屋の一軒家。フレンチとはかけ離れた造りです。

中に入るとまた違った雰囲気なのもいいですね!

これぞ和モダンか。

それは後ほど・・・。

シェフの山地陽介さんは、11年に渡るフランスでの経験の中で、【オテル・ル・ロワイヤル・リヨン】総料理長兼料飲部部長、【ラトリエ・ド・ジョエル・ロビュション・パリ】エグゼクティブ副料理長、【ロフィス・パリ】エグゼクティブ・シェフを務めた若き実力派

帰国後。2015年6月【山地陽介】をオープンさせたんだとか!

イケメンのシェフがオープンキッチンで作り上げるのは、
「和」京都の食材を随所に取り入れたフレンチ料理

自らの名前を店名に。これからどんどん自分のカラーを押し出していくのでしょうか

今後大注目のシェフの一人です。

料理良し、雰囲気良しなのでデートにオススメ♪

【感想・レビュー】山地陽介 (Yosuke YAMAJI) フレンチ、モダンフレンチ、イノベーティブ・フュージョン

店内

北欧調の白木の明るい店内

「日常を洗練させて極上の癒しの空間を作りたい」というシェフの想いが伝わります・・・。

ガラス張りの奥にはキレイに手入れされた庭園。

テーブル席も良し、カウンター席でのデートもいいですね♪

接待などプライバシーに配慮したい食事には、半個室、そして2階には個室が2部屋がありますよ。

この方が、フランスで世界中のVIPを魅了したシェフ山地陽介(Yosuke YAMAJI)さん。

フルオープンキッチンはライブ感があり料理への期待値が上がりますね!

今回はこちらのカウンター席でいただきます。


シャンパン

ファーストドリンクとして。

Champagne de la Renaissance Grand Cru Brut Cuvee Millesime

ルネサンス グラン・クリュ ブリュット キュヴェ・ミレジム(フランスワイン)(シャンパーニュ白)

一品目

底にあるのがモッツァレラチーズ、生クリーム、牛乳に少しの蜂蜜を加えパウダー状にしたもの。

上には北海道のいくらと塩昆布を添えているそう。

二品目

栃木県のにっこりという梨をすり流したもの

生姜の汁とレモン汁で少し加えて味を調整。上には伊勢海老からとれた出汁をジュレ状に。

梨とキュウリは細かく刻み、生クリーム、クリームチーズ、サワークリーム、生姜の汁とレモン汁を合わせたもの。

白ワイン①

2杯目。

Silvaner Clos Saint Landelin Cuvee Oscar
アルザス シルヴァネール キュヴェ・オスカー・クロ・サン・ランドラン 2016 ミューレ 白

三品目

奄美大島からきたアオリイカをサッとソテー。

ソースはベーコンから出汁をとった濃厚なクリームソース。

最後に仕上げとしてイタリアのパルミジャーノ・レッジャーノをふんだんに。

四品目

フォアグラとウニを使ったバーニャカウダー

真ん中にあるのが、シュガートマトをローストし、北海道のズワイガニとエゾバフンウニを乗せてローストしたもの。

奥にあるのが、千葉県九十九里浜のハマグリをフリットに、オシェトラのキャビアがのっています。

右が、フランス産のフォアグラのテリーヌを使った料理。
テリーヌをパートブリックというパリパリの生地に奈良漬を挟んだもの。

白ワイン②

3杯目。

Domaine Chavy Chouet / Meursault 1er Cru Les Genevrieres 2015
ドメーヌ・シャヴィ・シュエ / ムルソー・プルミエ・クリュ・レ・ジュヌヴリエール 2015【白ワイン】

五品目

シェフのお母さんが実家で手作りされたとろろ芋を

お出汁でじっくり火を入れてから桜海老とワカメをコーティングしてフライに。

少しローストした白カビチーズ ブリードモー 生ハム 若水菜。

伊勢海老の殻を使ったソースを。

六品目


柚子で作ったシャーベット

京都の柚子辛

七品目

九州の奄美大島の近海で取れるスジアラを使ったお魚料理

添えてあるのが秋のお野菜、安納芋、大黒本シメジ、レンコン、ツルムラサキ。

スープは鶏節(とりぶし)でとり、ほうれん草と水菜で仕上げている。

アクセントとしてレモングラス。

八品目

メインの和牛ヒウチ

中心部にある部位モモ肉をロースト、マデラッシというお酒。

お野菜と旨味を引き締めながら煮詰めたものに、キレのある粒マスタードを添えて。

最後に秋トリュフを贅沢に。

九品目

コーヒーのデザート

エスプレッソのジュレに、エスプレッソのブラムー。

ホワイトチョコレートのムースに、玄米茶のアイス。アイスの上には山葵(ワサビ)が。

黒糖のメレンゲ。

十品目

フレンチトーストとバウムクーヘンのお造りもの。

最後に

コーヒーとフィナンシェ。

焼きたてのフィナンシェは、外はカリッと中はしっとりで美味しかったです。


ごちそうさまでした。

カウンターで実際に盛り付けを間近で見れたり、料理を給仕されてからのパフォーマンスだったりと、食べるだけではなくて目で見るのも楽しませていただきました♪

フレンチスタイルを崩さず、随所にしっかりと「和」を感じることができました。お見事でした!!

声が小さかったのは残念です。

カウンター越しではちょっと聞こえづらかったです・・・。

1万円のコースにしましたがコスパはかなり良質だと思います。

夜にも行ってみたいものですね。

また伺います。

人気ブログランキング参加中!良かったらポチってください♪

日本全国食べ歩きランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

店舗情報

食べログ評価
4.02
店名 山地陽介 (Yosuke YAMAJI)
ジャンル フレンチ、モダンフレンチ、イノベーティブ・フュージョン
予約可否 予約可
ご予約のお電話はなるべく営業時間外(12:00~17:00/21:30~23:00)にお願い致します。
キャンセル・減員につきましてはキャンセル料を頂いておりますのでご了承くださいませ。
前日・・・コース全額の50%
当日・・・コース全額の100%
ご予約の人数変更は2日前までにお知らせ下さいませ。(2日前が定休日の場合はその前日にご連絡下さいませ)
住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-151
アクセス 最寄り駅
京阪・祇園四条駅6番出口より徒歩5分程
京都市営地下鉄東西線・東山駅より徒歩13分程
京都市営バス・祇園より徒歩3分程
京都駅よりタクシーで15分程(ハイシーズンは道がかなり混み合いますのでお早目のお支度をお願い致します。)
祇園四条駅から400m
祇園四条駅から353m
営業時間 [ディナー]一斉スタート
☆第1部17:30 御入店,17:40お料理スタート
☆第2部19:30 御入店,19:40お料理スタート
第1部と第2部はコース料理のご提供に2時間のインターバルを頂戴することが目的で、お席を回転させる為の入れ替え制システムは採用しておりません。ごゆっくりお食事をお楽しみ下さいませ。
日曜営業
定休日 月曜日と不定で月3〜4回2連休

RELATED